シングルパパとは?懸命な姿に隠された苦労

シングルパパとは

シングルパパとは、死別、離婚で奥さんと別れたため、ひとりの手で子供を育てていく男性のこと。

 

でも、いまだに「仕事が命」的な雰囲気が残っていたりするから、理解があるように見えて、子供や家のことを最優先にしていると、周りから白い目で見られたりするんです。

 

他にもひとりで子供を育てる苦労は数知れず。では、シングルパパにはどんな苦労があるのでしょうか?ひとつは経済的な苦労です。今は夫婦共働きでないと家庭が維持できないのが普通なのかもしれません。

 

片親では収入も共働きの3分の2から半分くらい。地方自治体からの手当がいろいろ出たとしても、なかなか裕福な生活をするわけにはいきません。副業でアルバイトに出るパパもいるくらいです。次に時間的な苦労です。いつ何があるかわからないのが子供です。突然熱を出したり、遊んでいて大ケガをしたりするもの。

 

その度に会社を早退したり休んだりすることになります。また、運動会や学芸会、入園、入学式、卒園、卒業式などの行事に参加したくても、泣く泣く仕事に行かなければならない、なんてこともよくある話です。さらに、人的な苦労もあります。

 

いつも定時に帰れる訳ではなく、残業等で遅くなった時などは子供にご飯を食べさせたり、お風呂に入れてあげることができなくなります。そのため、実家の近くに住んで自分のお父さんお母さんの助けを借りたりしないとなかなか安心して生活ができないのです。子供の笑顔のために、様々な苦労をいとわないシングルパパたち。

 

会社の男たちにもちょっとはわかって欲しいものです。

目的をきちんと持てばシングルパパにも出会いはあります!

シングルパパ,出会い

子連れで男性ということが重荷やハンデとなって、シングルパパにはなかなか出会いがないと思っていませんか?意外にも女性の方もシングルパパを恋愛対象として見ていたりするのです。

 

出会いがないとためらったりあきらめてしまうのは非常にもったいないです。これからともに人生を歩み、子供を一緒に育てていくパートナーとしての女性を探すなどといった目的を持つことで、適切な出会いの求め方やアプローチの方法などができるようになるのです。

 

まずはなぜ、女性とのつきあいを求めるのか?出会う目的を考えてみましょう。女性だってシングルパパをひとりの男性として愛したいもの。子供のことが第一だとしても、その女性がスペシャルな存在であることを常に示していくことが大切なんです。

 

また、どうしてもかつての奥さんの存在が気になってしまうこともあるので、その不安を消し去る努力も必要です。逆にそれができなければ、いくら出会いの機会があってもそれが結果に結びつくことは難しいですね。

 

相手の女性だってたまにはふたりきりになってロマンチックな雰囲気になりたいという気持ちが湧いてくることもあるでしょう。仕事などが忙しく、そういったことを煩わしいと思ってしまわないように。

 

かつて結婚していたり、子供がいることで、単なる独身男性よりも人としての魅力があるシングルパパのことを、いいと思っている女性はいます。出会いのチャンスがないわけではないのです。つきあう目的を明確にして、女性がシングルパパに望むことを把握して、出会いに備えましょう。

 

⇒出会いのきっかけを作るなら【pairs】が安心安全です。

シングルパパが恋愛するときに気をつけたいこととは?

シングルパパ,恋愛

ひとりで子供を育てていくのって、正直大変。常に様々な苦労があって、心身ともにすごく疲れます。そんなときに、メンタル的な支えや癒しを求めて女性とのつきあいを考えるのって別に悪くないですよね?

 

自分や子供にとってプラスになるのなら恋愛はアリです。世間の意見に振り回されて、あまりマイナスに考えすぎることはありませんよ。ただ、言うまでもなく、子供をないがしろにして恋愛相手にのめり込むのはダメです。

 

子育てと恋愛、ふたつを両立していけるのがシングルパパの理想的な恋愛です。うまく時間をやりくりしたり、自分の親など信頼のおける人に子供を預けて、少しずつ恋愛相手との距離を縮めていければいいですよね。

 

人によっては、有給休暇を使って平日に休んで、子供が幼稚園や学校に行っている間の恋愛相手と一緒に過ごす、なんてことをしているみたいです。で、恋愛も順調。そろそろ相手をパートナーとして考え始める頃に、どのタイミングで子供に紹介しようかというところでまた悩むんだろうと思います。

 

思春期などの多感な時期を迎えている子供や、母親と死別した子供に紹介するときには特に注意がいりそうですよね。伝えるタイミングや伝え方によっては、激しく拒絶されてしまうかもしれませんし。

 

お父さん、今気になる人がいるんだ」とか「今度会って欲しい人がいるんだ」と子供に配慮して少なからず心の準備をさせることが大切でしょう。子供は親の態度に敏感です。親が不機嫌だと子供も不安げにこっちを見ますし、親が笑っていると子供が安心しているのがわかります。

 

恋愛することによって生活に張り合いが出て、笑顔が増えるのなら、子供にもいい影響が出るのではないでしょうか。

シングルパパの再婚。その理由と注意点

シングルパパ,再婚

婚活をしている身としては、目標はもちろん「再婚」。シングルパパも増えてきて、再婚を望んでいる人も多いから、ぶっちゃけライバルが多くなっていますよね。

 

ライバルたちの新たなパートナーを探す理由も様々です。自分の仕事が忙しくてなかなか子供との時間がとれないからとか、子供に「お母さんのいる生活」や家族の団らんを味わわせたいから。

 

子供が新たな家族を持つときに、自分達のような家族にしたいと思って欲しい、といったことを考えています。また、なんだかんだ言って、片親というのは親にとっても子供にとっても負担です。

 

子供は無邪気に人を傷つけます。「○○ちゃんにはなんでお母さんがいないの?」という素直な疑問でも、本人にとっては聞かれたくない辛い質問です。片親であることで子供がいじめられることだってまだまだあります。親は親で、男目線でしかものが見られず、子供に苦労をかけてしまうことがあったりします。

 

こんなときに母親がいたらと考えることも新たなパートナーを探す理由になったりするのです。子供のことを思って再婚するのですから、子供の気持ちを尊重してあげなきゃいけません。

 

自分たちのことを理解してくれる女性が現れて、一緒になってくれると言っていても、子供がNOというのであれば、一度仕切り直さないとダメでしょう。子供の気持ちを理解せず、ゴリ押しで決めちゃって幸せな家族になれるものでしょうか?

 

子供とパートナーとなる女性とが仲良くなれるよう、いろいろなきっかけを作っていったり、家族になっていくための環境を根気よく整えてあげることも大事です。パートナーとなる女性と子供をつなぐのはパパの仕事。新しい家族のために頑張っていきましょう。

シングルパパの婚活はしんどい?

シングルパパ,婚活

子育ても仕事も一生懸命のシングルパパ。でも、ひとりで子供を育てていくのって正直しんどかったりしますよね?そうなると、一緒に子供を育てていくパートナーがほしくなってきて、様々な形で婚活に励むことになります。

 

でも、シングルママに比べるとシングルパパの婚活はしんどいといわれるんです。その理由と解決法をお伝えしますので、参考にしてみてください。

 

シングルママはパートナーになる男性が主に子育てのサポート役にまわることが多いので、子供に向き合ってくれれば、初婚の男性であっても比較的理解を示して結婚してくれるでしょう。

 

でも、シングルパパと初婚の女性という組み合わせだと結婚までは難しいかもしれません。まったく育児の経験がないところに、自分の血がつながっていない子供を育てることに抵抗感やプレッシャーを感じてしまうため、結婚することをためらってしまいかねません。

 

初婚の女性との結婚を考えるのは簡単ではないことを覚えておきましょう。また、ただでさえ仕事と子育ての両立で大変なところに婚活をするとなると、時間がいくらあっても足りないはずです。気軽に参加できたり、登録しやすいところはどうしても動機が軽かったり、それほど結婚を意識していない場合があります。

 

きちんとした婚活サイトなどを利用する方が、真剣に結婚を考えている人と知り合える可能性が高いです。手当たり次第にあちこちに顔を出すのではなく、自分なりにしっかりとした条件を出して紹介を待つ方がいい結果を生むでしょう。

 

⇒婚活するなら【エキサイト婚活】が安心安全です。